田舎モンの趣味に生きるブログ

WORKMANファンによるコスパ重視の雑記ブログ

【プロ野球】もうすぐドラフト会議! これまでのベイスターズ⑧(10月3日まで)


スポンサーリンク

10月4日(月)にメジャーリーグのレギュラーシーズンが終了しました。
ア・リーグ首位打者にはY・グリエル内野手アストロズ・元横浜)が輝きました。
日本人選手では大谷投手の活躍が注目され、投手としては防御率3.18・9勝2敗、野手としては打率.257・46本塁打100打点26盗塁という成績を収めました。
今後も二刀流として、メジャーでの更なる活躍に期待ですね!
今回は横浜DeNAベイスターズの試合結果について見ていきます。

f:id:inakamogura:20211010005740j:plain

©高橋陽一

 

<試合結果>

9月7日(火)
横浜 8-2 巨人
勝:宮國 敗:菅野

9月8日(水)
横浜 4-1 巨人
勝:大貫 S:三嶋 敗:山口

9月9日(木)
横浜 5-5 巨人
引き分け

9月11日(土)
ヤクルト 9-2 横浜
勝:サイスニード 敗:京山

9月12日(日)
横浜 8-1 阪神
勝:今永 敗:ガンケル

9月14日(火)
巨人 2-3 横浜
勝:ロメロ S:三嶋 敗:山口

9月15日(水)
巨人 7-6 横浜
勝:デラロサ 敗:三嶋

9月17日(金)
広島 - 横浜
台風接近のため試合中止

9月18日(土)
広島 2-4 横浜
勝:砂田 S:山﨑 敗:塹江

9月19日(日)
横浜 9-1 中日
勝:今永 敗:ロドリゲス

9月20日(月)
横浜 6-0 中日
勝:ロメロ 敗:小笠原

9月21日(火)
横浜 2-5 ヤクルト
勝:スアレス S:マクガフ 敗:坂本

9月22日(水)
横浜 1-2 ヤクルト
勝:清水 S:マクガフ 敗:エスコバー

9月23日(木)
横浜 2-4 ヤクルト
勝:サイズニード S:星 敗:石田

9月24日(金)
横浜 2-9 広島
勝:大瀬良 敗:宮國

9月25日(土)
横浜 2-3 広島
勝:高橋昴 S:栗林 敗:ピープルズ

9月26日(日)
横浜 8-10 広島
勝:菊池保 S:栗林 敗:山﨑

9月28日(火)
ヤクルト 4-0 横浜
勝:奥川 敗:東

9月29日(水)
ヤクルト 5-7 横浜
勝:三嶋 S:平田 敗:小川

9月30日(木)
ヤクルト 6-7 横浜
勝:エスコバー S:三嶋 敗:マクガフ

10月1日(金)
巨人 3-2 横浜
勝:中川 S:ビエイラ 敗:砂田

10月2日(土)
巨人 5-4 横浜
勝:高木 S:ビエイラ 敗:櫻井

10月3日(日)
巨人 3-3 横浜
引き分け

<順位表>
1位 ヤクルト 63勝44敗16分
2位 阪神   68勝51敗7分
3位 巨人   59勝51敗18分
4位 中日   50勝63敗16分
5位 広島   50勝64敗11分
6位 横浜   48勝64敗15分

 

f:id:inakamogura:20210718224340j:plain
9月7日(火)からは巨人との3連戦、育成から支配下に昇格した宮國投手が先発し、5回を7安打2失点と試合を作りました。
5回裏に楠本外野手の3ランなどで7点を奪い、勝利しました。

8日(水)は大貫投手が先発し、6回を7安打1失点の好投。
1回裏の宮崎内野手内野手の適時打で作ったリードを譲らず勝利しました。

9日(木)は先発の坂本投手が5回を6安打2失点の投球。
1回裏のオースティン外野手の2ランと宮崎内野手のソロで作ったリードを守れず、9回裏に3失点し引き分けに終わりました。

f:id:inakamogura:20210912001019j:plain

9月11日(土)はヤクルトと対戦、先発の京山投手が3回を6安打5失点で降板。
打線は6回表に代打の戸柱捕手柴田内野手の適時打のみの得点で終わりました。

f:id:inakamogura:20210718224404j:plain

9月12日(日)は阪神と対戦、先発の今永投手が8回を6安打1失点の快投。
9回裏に育成から支配下に復帰した田中健投手が登板したのも印象的でした。

f:id:inakamogura:20210718224340j:plain

9月14日(火)からは巨人との連戦、先発のロメロ投手が7回1/3を5安打2失点の好投。
6回表の桑原外野手のソロで追いつき、7回表の内野手の2ランで勝ち越しました。

15日(水)は大貫投手が先発し、5回1/3を6安打3失点の投球。
6回表の内野手のソロや8回表のオースティン外野手のソロなどでリードを広げるも、9回裏に3失点し逆転負けを喫しました。

f:id:inakamogura:20210718224316j:plain

9月17日(金)からは広島との連戦も、初戦は台風接近のため中止に。

18日(土)は京山投手が先発し、6回2/3を6安打1失点の好投。
8回表に宮崎内野手の四球や内野手犠飛などで3点を奪い、勝利しました。

f:id:inakamogura:20210718224425j:plain

9月19日(日)からは中日との連戦、初戦は今永投手が先発し9回を4安打1失点で完投
打線は1回裏の桑原外野手のソロなどで9得点を挙げ、勝利しました。

20日(月)は先発のロメロ投手が9回を6安打無失点の完封
1回裏の桑原外野手のソロや5回裏の佐野外野手のソロなどで6点を奪い、中継ぎを温存しつつ勝利しました。

f:id:inakamogura:20210912001019j:plain

9月21日(火)からはヤクルトとの3連戦、初戦は先発の坂本投手が2回を7安打4失点で降板。
3回裏にオースティン外野手の適時打で2点を返すも、点差は縮まらず敗れました。

22日(水)は大貫投手が先発し、7回を5安打1失点の好投。
2回裏に伊藤光捕手の適時打で先制するも追いつかれ、9回表にも失点し接戦を落としました。

23日(木)は先発の石田投手が4回を5安打3失点で降板。
7回裏と9回裏の内野手の適時打で追い上げを見せるも、及ばず敗れました。

f:id:inakamogura:20210718224316j:plain

9月24日(金)からは広島との3連戦、初戦は先発の宮國投手が5回を7安打5失点で降板。
2回裏の宮崎内野手のソロで先制するも3回表に逆転され、投打とも振るわず敗れました。

25日(土)は京山投手が先発し、4回2/3を7安打2失点で降板。
3回裏にオースティン外野手内野手の適時打で勝ち越すも5回表と6回表に失点し、9回裏に一打同点の好機を作るも生かせず敗れました。

26日(日)は先発の今永投手が6回を7安打3失点の投球。
2回裏の内野手の2ランや7回裏のオースティン外野手満塁本塁打などで乱打戦となるも、9回表に4失点し敗れました。

f:id:inakamogura:20210912001019j:plain

9月28日(火)からはヤクルトとの3連戦、初戦は先発の東投手が4回2/3を4安打4失点で降板。
打線も3安打無得点と沈黙し、トミー・ジョン手術からの1軍復帰登板を勝利で飾ることは出来ませんでした。

29日(水)は大貫投手が先発し、4回2/3を5安打4失点で降板。
2回表と3回表の宮崎内野手の2打席連続本塁打などで試合を優位に進めて勝利し、連敗を7で止めることに成功しました。

30日(木)は先発の宮國投手が6回を4安打4失点の投球。
内野手の2打席連続本塁打や7回表の代打の楠本外野手犠飛などで得点を重ね、9回表に宮崎内野手知野内野手の適時打で勝利しました。

f:id:inakamogura:20210718224340j:plain

10月1日(金)からは巨人との3連戦、初戦は先発のロメロ投手が6回を9安打2失点の投球。
6回表の佐野外野手のソロなどで得点するも、打線は6安打2得点と振るわず接戦を落としました。

2日(土)は京山投手が先発し、2回1/3を5安打4失点で降板。
4回表に戸柱捕手の適時打などで同点に追いつくも、中盤以降の好機を生かせず敗れました。

3日(日)は先発の今永投手が7回を3安打2失点の好投。
5回表に宮崎内野手のソロと佐野外野手の適時打で3点を奪い先制するも、失点が続き引き分けに終わりました。

f:id:inakamogura:20211010010158j:plain

10月4日(月)からは戦力外通告が解禁、11日(月)にはドラフト会議が行われます。
着々と来季に向けての戦力調整が始まり、プロ野球界からは今後も目が離せませんね!
(画像はいらすとやからお借りし、データはベースボールチャンネルを参考にしました)

プライバシーポリシー お問い合わせ