田舎モンの趣味に生きるブログ

WORKMANファンによるコスパ重視の雑記ブログ

【プロ野球】前半戦終了! これまでのベイスターズ⑥(7月18日まで)


スポンサーリンク

7月16日(金)・17日(土)にプロ野球オールスターゲームがありましたね。

横浜DeNAベイスターズからは三嶋投手(抑え投手部門3位)・山﨑投手(中継投手部門2位)・佐野外野手(外野手部門8位)が出場しました。

1戦目は広島の菊地内野手が4打数4安打2打点(1本塁打)の活躍、2戦目は楽天の島内外野手が4打数3安打3打点の活躍でMVPに選ばれました。

2試合とも見応えのある良い試合で、オリンピック明けの後半戦が楽しみになりました。

今回は横浜DeNAベイスターズの試合結果について見ていきます。

 

f:id:inakamogura:20210718225244j:plain

 

<試合結果>

6月18日(金)

横浜 4-7 広島

勝:玉村 S:栗林 敗:濵口

 

6月19日(土)

横浜 11-12 広島

勝:森下 S:栗林 敗:ピープルズ

 

6月20日(日)

横浜 10-8 広島

勝:砂田 敗:大道

 

6月22日(火)

巨人 6-1 横浜

勝:サンチェス 敗:中川

 

6月23日(水)

巨人 4-2 横浜

勝:山口 S:ビエイラ 敗:今永

 

6月25日(金)

阪神 0-3 横浜

勝:濵口 S:三嶋 敗:西勇

 

6月26日(土)

阪神 1-3 横浜

勝:阪口 S:三嶋 敗:及川

 

6月27日(日)

阪神 3-8 横浜

勝:大貫 敗:秋山

 

6月29日(火)

横浜 3-2 中日

勝:坂本 S:シャッケルフォード 敗:大野雄

 

6月30日(水)

横浜 9-4 中日

勝:今永 敗:福谷

 

7月2日(金)

横浜 - 巨人

雨天のため試合中止

 

7月3日(土)

横浜 1-3 巨人

勝:メルセデス S:ビエイラ 敗:阪口

 

7月4日(日)

横浜 3-2 巨人

勝:大貫 S:三嶋 敗:高橋

 

7月6日(火)

広島 2-4 横浜

勝:シャッケルフォード S:三嶋 敗:フランスア

 

7月7日(水)

広島 3-3 横浜

引き分け

 

7月8日(木)

広島 5-3 横浜

勝:フランスア S:栗林 敗:エスコバー

 

7月9日(金)

中日 3-1 横浜

勝:小笠原 S:R.マルティネス 敗:有吉

 

7月10日(土)

中日 6-2 横浜

勝:松葉 敗:阪口

 

7月11日(日)

中日 5-5 横浜

引き分け

 

7月12日(月)

阪神 4-3 横浜

勝:及川 敗:三嶋

 

7月13日(火)

阪神 2-8 横浜

勝:坂本 敗:アルカンタラ

 

7月14日(水)

阪神 3-4 横浜

勝:今永 S:三嶋 敗:ガンケル

 

 

オールスターゲーム

7月16日(金)

全パ 4-5 全セ

勝:ビエイラ S:スアレス 敗:益田

 

7月17日(土)

全パ 4-3 全セ

勝:宋家豪 S:松井 敗:栗林

 

 

<順位表>

1位 阪神   48勝33敗3分

2位 巨人   43勝32敗10分

3位 ヤクルト 42勝32敗9分

4位 中日   32勝42敗12分

5位 広島   30勝42敗10分

6位 横浜   31勝44敗11分

 

 

f:id:inakamogura:20210718224316j:plain

交流戦を上々な成績で終え、セ・リーグ同士との戦いへと戻ってきました。

6月18日(金)からは広島戦、交流戦防御率0.90の濵口投手が先発するも2回1/3を6安打5四球7失点という乱調。

内野手が腰の張りで欠場しましたが、桑原外野手が5打数3安打1得点(1本塁打)の活躍を見せていました。

19日(土)は先発のピープルズ投手が腰を痛め、2回0/3を7安打5失点で途中降板……。

9回裏には宮﨑内野手満塁本塁打などで7点を返し1点差まで追い上げるも、あと一歩及ばず敗戦となりました。

20日(日)は坂本投手が先発も4回2/3を7安打4失点で降板しましたが、オースティン外野手満塁本塁打佐野外野手の2ランなど打線は好調で勝利。

4月下旬に左肩の脱臼で離脱していた柴田内野手が1軍に復帰し、追い上げの準備も整いつつあります。

 

f:id:inakamogura:20210718224340j:plain

6月22日(火)からは巨人戦で、先発の中川投手が4回を5安打6失点と試合を作れずに降板。

6回裏には伊藤光捕手が腰の違和感で途中交代とアクシデントが続きますね……。

23日(水)は今永投手が先発し、6回を5安打4失点で降板。

打線は1回表に柴田内野手のソロなどで計7安打も2得点に終わり、相手先発の山口俊投手に今季初勝利を献上しました。

 

f:id:inakamogura:20210718224404j:plain

6月24日(金)からはセ・リーグ首位の阪神戦との3連戦で、濵口投手が先発し5回2安打無失点で今季5勝目を挙げました。

オースティン外野手が4打数2安打3打点(1本塁打)とチームの全打点を挙げる大活躍でした。 

25日(土)は先発の阪口投手が6回を4安打1失点の好投、7回裏の桑原外野手の2ランで逆転し2連勝!

プロ4年目の山本捕手も4打数3安打1打点と良い働きを見せていましたが、エースの濵口投手が左脇腹の炎症で登録抹消となり、開幕ローテが全滅してしまいました……。

26日(日)は大貫投手が先発し、5回を6安打2失点に抑え約2カ月ぶりの勝利投手に。

ソト内野手のマルチホームランなど計4本の本塁打桑原外野手の5打数3安打2打点(1本塁打)の活躍でリードを譲らず、今季初の同一カード3連勝を挙げました!

 

f:id:inakamogura:20210718224425j:plain

6月29日(火)からは中日戦で、先発の坂本投手が5回を6安打2失点の投球でした。

5回裏には代打の内野手の3塁打で同点に追いつき、桑原外野手のタイムリーで勝ち越し、降雨コールド勝ち。

30日(水)は先発の今永投手が5回4安打3失点の投球も、相手先発の乱調で試合を優位に進めました。

ワクチンの副反応の影響で昨日欠場していたオースティン外野手は、5打数4安打2打点という4番に相応しい活躍を見せていました。

 

f:id:inakamogura:20210718230209j:plain

7月2日(金)からは巨人との連戦で初戦は雨天のため中止に……。

3日(土)は阪口投手が先発し4回を5安打3失点、3本の本塁打を浴びてしまいました。

8回裏には伊藤光捕手の内野安打で1点を返すなど、計10安打も敗れました。

4日(日)は先発の大貫投手が5回2/3を9安打1失点の粘投、3回裏の宮﨑内野手の逆転2ランや佐野外野手の4打数3安打1打点の猛打賞の活躍で勝利しました。

今季12試合目で巨人戦初勝利を挙げることができました!

 

f:id:inakamogura:20210718230533j:plain

7月6日(火)からは広島との試合で、先発の坂本投手が4回を6安打2失点で降板も、4回表のオースティン外野手の2ランで同点に追いつきました。

8回表には佐野外野手の2ランで勝ち越しに成功し、4打数2安打2打点の活躍でチームを勝利に導きました。

7日(水)は今永投手が先発し、6回を5安打2失点の投球。

4回表に佐野外野手のソロとソト内野手の2ランで3点を挙げましたが、6~8回に失点し引き分けに終わりました。

8日(木)は上茶谷投手が先発し、5回を5安打3失点という結果で降板。

得点は2回表の桑原外野手の3ランのみで、8回裏にエスコバー投手が2ランを被弾し敗れてしまいました。

 

f:id:inakamogura:20210718225807j:plain

9日(金)からは中日との試合で、初戦は移籍後1軍初先発の有吉投手が6回2/3を8安打2失点とまずまずのピッチング。

打線は5安打1得点と沈黙、柴田内野手が左手人差し指の裂傷で途中交代し、翌日登録抹消されてしまいました。

10日(土)は阪口投手が先発し、4回を5安打4失点で降板。

打線も6回表のソト内野手の2ランでしか得点できず敗れました。

11日(日)は先発のロメロ投手が5回1/3を2安打4失点で降板も、初回に球速155キロを計測しました。

8回裏の内野手の2ラン、9回裏の佐野外野手のタイムリーでなんとか追いつき、引き分けとなりました。

 

f:id:inakamogura:20210718225940j:plain

7月12日(月)からは阪神との3連戦で、初戦は大貫投手が先発し6回を5安打無失点の投球。

7回表に2019年ドラフト1位の内野手が1軍初打点を挙げるも、9回裏に守護神の三嶋投手がまさかの4失点でサヨナラ負け、4連敗で最下位に転落しました……。

13日(火)は先発の坂本投手が7回を5安打1失点の好投で今季3勝目を挙げました。

打線も好調で、3回表のオースティン外野手のソロなどで16安打8得点の快勝となりました。

14日(水)は先発の今永投手が7回を4安打1失点の力投、打っては3打数2安打1打点の活躍を見せました。

8回表には宮﨑内野手のソロでリードを広げ、9回裏は三嶋投手が無失点に抑えて勝利しました!

 

f:id:inakamogura:20210718225332j:plain

プロ野球東京五輪開催のため8月12日(木)まで公式戦が中断します。

7月15日(木)には出場選手登録されていた12球団の全選手が一斉に抹消される珍事もありましたね(笑)

前半戦は最下位という結果でしたが、ベイスターズにはまだ57試合残っています。

後半戦は開幕時とは違い助っ人たちも揃っているので、まずはAクラス入りを目指して頑張ってもらいたいです!

(画像はいらすとやからお借りし、データはベースボールチャンネルを参考にしました)

 

プライバシーポリシー お問い合わせ