田舎モンの趣味に生きるブログ

WORKMANファンによるコスパ重視の雑記ブログ

【プロ野球】約20試合終了! これまでのベイスターズ②(4月18日まで)


スポンサーリンク

5月19日(水)の横浜DeNAベイスターズ10周年記念試合で、中畑清元監督が始球式を行うと発表されました。

中畑氏は横浜DeNAベイスターズの初代監督で、現役時代(1976~89年)は巨人の内野手として活躍されていましたね。

※巨人の第45代目の4番打者、一塁手として7年連続(1982~88年)でゴールデングラブ賞を受賞しています! 

その中畑氏は3月23日(火)に新型コロナウイルス感染のため入院、4月3日(土)に退院と体調面が気になりますが、療養してまた元気な姿を見せてくれるのを楽しみにしています。

今回は横浜DeNAベイスターズの試合結果について見ていきます。

 

f:id:inakamogura:20210418031814j:plain

©河合じゅんじ

 

<試合結果>

4月6日(火)

中日 3-7 横浜

勝:大貫 敗:大野雄

 

4月7日(水)

中日 3-1 横浜

勝:勝野 敗:入江

 

4月8日(木)

中日 2-5 横浜

勝:山﨑 敗:祖父江

 

4月9日(金)

横浜 2-9 阪神

勝:藤浪 敗:濵口

 

4月10日(土)

横浜 0-4 阪神

勝:青柳 敗:上茶谷

 

4月11日(日)

横浜 2-3 阪神

勝:ガンケル 敗:阪口

 

4月13日(火)

ヤクルト 5-1 横浜

勝:スアレス 敗:大貫

 

4月14日(水)

ヤクルト 7-3 横浜

勝:金久保 S:石山 敗:入江

 

4月15日(木)

ヤクルト 2-1 横浜

勝:高梨 S:石山 敗:濵口

 

4月16日(金)

横浜 0-7 巨人

勝:菅野 敗:坂本

 

4月17日(土)

横浜 2-7 巨人

勝:戸郷 敗:上茶谷

 

4月18日(日)

横浜 2-2 巨人

引き分け

 

 

<順位表>

1位 阪神   15勝4敗0分

2位 巨人   11勝6敗4分

3位 広島   10勝9敗1分

4位 ヤクルト 8勝8敗3分

5位 中日   6勝11敗3分

6位 横浜   3勝15敗3分

 

 

f:id:inakamogura:20210419024206j:plain

中日戦は2勝1敗で今季初のカード勝ち越し

勝てる……勝てるんだ!

 

f:id:inakamogura:20210419024224j:plain

しかし、続く阪神戦は0勝3敗で今季初の同一カード3連敗を喫しました。

そしてそのままずるずると8連敗、どうすりゃいいんだ……。

 

今季は中継ぎの山﨑投手が10試合の登板で1勝1敗0S4H、防御率1.93と調子を取り戻しつつあるのが嬉しいです。

気になるのは平良投手で3月28日(日)に登録抹消され4月8日(木)に復帰、中日戦で先発後の4月10日(土)に右肘の張りのため再び登録抹消されています。

ケガ人が多く手薄な先発陣が……4月17日(土)には右脛の打撲で中継ぎの三上投手も登録抹消されました。

 

f:id:inakamogura:20210419024931j:plain

ヤクルト戦からはソト内野手オースティン外野手が一軍に合流しました。

現状最も困っているのは投手陣ですがヨシ!

4月15日(木)にはスタメン入りし、4月18日(日)にはソト内野手がソロホームラン、オースティン外野手が内野適時打を放ち、それぞれチームに貢献しています。

ちなみにエスコバー投手は4月18日(日)の二軍戦で最速155キロをマーク、打者5人に対し奪三振2・被安打1・自責点0の投球でした。

 

ドラフト2位の内野手は打率.333、6本塁打18打点とセ・リーグ打率3位・本塁打2位・打点1位の活躍を見せています。

ドラフト1位の入江投手は3試合の登板で0勝3敗、防御率6.91と苦戦中……。

早くプロ初勝利を挙げられるようにチームで援護してあげたいですね。

 

f:id:inakamogura:20210419024946j:plain

連敗続きでチーム勝率も.167、ベンチの雰囲気がやや暗いように感じます。

昨季限りで退団したロペス内野手のようなムードメーカーが欠けているのかもしれません。

同じくFAで移籍した梶谷外野手の穴を桑原外野手神里外野手らが埋めているように、ムードメーカーとして活躍するような選手も出てきてほしいです。

(画像は一部いらすとやからお借りし、データはベースボールチャンネルを参考にしました)

 

プライバシーポリシー お問い合わせ